平成10年8月20日
 
Windows98のドライバを使用した
「OEM版Windows95 CD-ROMセットアップ起動ディスク」の
作成について(PC/AT互換機)

兵ちゃんの研究室へ戻る
ドライバ
 Windows98の「起動ディスク」をご存知でしょうか?Windows 98 起動ディスクは、Windows95の起動ディスクに比べだいぶ変わりました。
 フロッピーディスクのみで起動またはCD-ROMを使用か選択できるきる。「マルチ設定のスタート メニュー」、16ビット(MS-DOS互換)汎用 ATAPI IDE 、SCSI CD-ROM ドライバの「リアル モード CD-ROM ドライバ」、プロンプト上で使用するプログラムファイル(外部コマンド)が入っている圧縮ファイル「EBD.CAB ファイル」、メインメモリ−上に作られる2MBの「RAM ドライブ」等の機能を持っている。
 そこで今回は、Windows98の起動ディスクに入っている「リアル モード CD-ROM ドライバ」を使いCD-ROMの各ドライブや、接続形態(ATAPIかSCSIか)ごと作成していたOEM版Windows95の起動ディスクを新しいドライバにより1枚に収めようという試みです。
 
 
 
 
1 Windows98の起動ディスクの中身は次のようなファイル構成になっています。

























 

Disk1

ドライブ A: のボリュームラベルはありません.
ボリュームシリアル番号は 24FB-B521
ディレクトリは A:\

AUTOEXEC.BAT CONFIG.SYS  SETRAMD.BAT README.TXT  FINDRAMD.EXE
RAMDRIVE.SYS ASPI4DOS.SYS BTCDROM.SYS ASPICD.SYS  BTDOSM.SYS 
ASPI2DOS.SYS ASPI8DOS.SYS ASPI8U2.SYS FLASHPT.SYS EXTRACT.EXE
FDISK.EXE  DRVSPACE.BIN BILING.SYS  JFONT.SYS  JDISP.SYS 
JKEYB.SYS  JKEYBRD.SYS ANK16.FNT  ANK19.FNT  KANJI16.FNT
COMMAND.COM HIMEM.SYS  OAKCDROM.SYS
    28 個     1,097,768 バイトのファイルがあります.
     0 ディレクトリ    128,512 バイトの空きがあります.

Disk2

ドライブ A: のボリュームラベルはありません.
ボリュームシリアル番号は 24FB-B5A1
ディレクトリは A:\

EBD.CAB   AUTOEXEC.BAT
     2 個      286,293 バイトのファイルがあります.
     0 ディレクトリ   1,170,944 バイトの空きがあります.
 
 
2 二枚のディスクのうち、Disk1の9ファイルを使います。












 

ファイル

機       能

備  考

Aspi2dos.sys
Aspi4dos.sys
Aspi8dos.sys
Aspi8u2.sys
Aspicd.sys
Btcdrom.sys
Btdosm.sys
Flashpt.sys
Oakcdrom.sys
 

リアルモード Adaptec CD-ROM ドライバ
リアルモード Adaptec CD-ROM ドライバ
リアルモード Adaptec CD-ROM ドライバ
リアルモード Adaptec CD-ROM ドライバ
リアルモード Adaptec CD-ROM ドライバ
Mylex/BusLogic CD-ROM ドライバ
Mylex/BusLogic CD-ROM ドライバ
Mylex/BusLogic CD-ROM ドライバ
ATAPI CD-ROM ドライブ用汎用デバイス ドライバ
 

(SCSIカード)
(SCSIカード)
(SCSIカード)
(SCSIカード)


(SCSIカード)
(SCSIカード)
注目のドライバ
 
    ※ 「機能」の説明はWindows 98 起動ディスク内に入っている「Readme.txt」による説明
  ドライバの構成からSCSIカードは、アダプテック社、Mylex社の製品に対応、中でもATAPI接続CD-ROM ドライバ「Oakcdrom.sys」の動作は汎用性が高く、シビアなATAPIインターフェースに接続されているCD-ROMも動かします。
 
3 ファイルへの記述は「CONFIG.SYS」「AUTOEXEC.BAT」「DRVCOPY.INF」の3ファイルを編集します。
  以下が実際にWindows95のセットアップまで動作したファイルの記述です。
  
    ※ 記号説明 「削」 ・・・・・削除した記述
           「変」 ・・・・・変更した、新たに追加した記述



 削




 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 

CONFIG.SYS     


REM OEM Notes - remove these remarks before shipping to customers.
REM - You need to include the correct CD driver information for your
REM - IDE or SCSI CDROM Drivers below.

device=himem.sys /testmem:off
device=oakcdrom.sys /D:mscd001
device=btdosm.sys
device=flashpt.sys
device=btcdrom.sys /D:mscd001
device=aspi2dos.sys
device=aspi8dos.sys
device=aspi4dos.sys
device=aspi8u2.sys
device=aspicd.sys /D:mscd001
files=10
buffers=10
dos=high,umb
stacks=9,256
DEVICEHigh=BILING.SYS
DEVICEHigh=JFONT.SYS /MSG=OFF
DEVICEHigh=JDISP.SYS /HS=LC
DEVICEHigh=JKEYB.SYS
lastdrive=Q
 






















 変



 

AUTOEXEC.BAT

@echo off

REM ===================
REM Notes for OEM:
REM - You should remove these remarks for the final disks you send to customers.
REM - You MUST explicitly specify the CD ROM Drive Letter for MSCDEX.
REM - You must switch to the CDROM drive, and then CD to the directory.
REM - the string CD001 must explicitly match the same string in CONFIG.SYS.
REM - The file DRVCOPY.INF MUST be modified to refer to the proper
REM - real-mode CD ROM driver. This driver will be copied to the
REM - hard disk during installation by the DRVCOPY.INF file.
REM - (Note: The user will have to type in the drive letter for the floppy disk
REM - when prompted at the end of setup.)

ECHO Warning - This system may not be setup to use the CD ROM.
ECHO Please contact your PC Manufacturer if Setup does not start automatically.
PAUSE
REM ===================

MSCDEX.EXE /D:mscd001 /L:Q
Q:
cd \win95
oemsetup /k "a:\drvcopy.inf"
 








































 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変





 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変

















 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変
 変





 

DRVCOPY.INF

; DRVCOPY.INF
;
; This is the Driver Copy information file for
; real-mode CD-ROM drivers.
;
; These driver(s) are copied to the root of the hard disk
; during setup, and are installed in config.sys and autoexec.bat
;
; This file MUST be modified by the OEM prior to shipping
; to end users.
;
; OEMs will need to modify this to add the proper name(s)
; for their real-mode CD ROM drivers.
; Lines that must be modified are marked OEM_Modify
; You can also copy additional drivers and add lines to autoexec.bat
; and config.sys using this file.


[version]
; Do not change this section
signature=$chicago$

[DestinationDirs]
; Do not change this section
RM.driver.dest.copy         = 30  ; root directory

[install]
; Do not change this section
copyfiles=RM.driver.dest.copy
updatecfgsys=RM.Sys.upd
updateautobat=RM.Auto.upd

[RM.driver.dest.copy]
; OEM_Modify - Change the name from SAMPLE.SYS to your CD ROM drivers.
;      - You can insert additional filenames for your real
;       mode driver(s).
; This file name will be copied to the hard disk.
oakcdrom.sys
btdosm.sys
flashpt.sys
btcdrom.sys
aspi2dos.sys
aspi8dos.sys
aspi4dos.sys
aspi8u2.sys
aspicd.sys

[RM.Sys.upd]
; OEM_Modify - Change the name from SAMPLE.SYS to your CD ROM drivers.
:      - You can also change the driver name here and below.
; This line will be added to the user's CONFIG.SYS.
DevAddDev=oakcdrom.sys,device,,"/D:mscd001"
DevAddDev=btdosm.sys,device,,"/D:mscd001"
DevAddDev=flashpt.sys,device,,"/D:mscd001"
DevAddDev=btcdrom.sys,device,,"/D:mscd001"
DevAddDev=aspi2dos.sys,device,,"/D:mscd001"
DevAddDev=aspi8dos.sys,device,,"/D:mscd001"
DevAddDev=aspi4dos.sys,device,,"/D:mscd001"
DevAddDev=aspi8u2.sys,device,,"/D:mscd001"
DevAddDev=aspicd.sys,device,,"/D:mscd001"

[RM.Auto.upd]
; OEM_Modify - Change the "D" in L:D to represent the default drive
;       letter for your CD ROM.
;      - The OEMCD001 parameter should agree with the
;       config.sys parameter above.
; This line will be added to the user's AUTOEXEC.BAT
CmdAdd=MSCDEX.EXE,"/D:mscd001 /L:Q"

[SourceDisksNames]
; Do not change this section
100="%oem.boot.desc%",,5,A:\

[SourceDisksFiles]
; OEM_Modify - Change the name from SAMPLE.SYS to your CD ROM drivers.
; Do not change the 100,,2000
; This file will be copied to the hard disk root directory.
oakcdrom.sys=100,,2000
btdosm.sys=100,,2000
flashpt.sys=100,,2000
btcdrom.sys=100,,2000
aspi2dos.sys=100,,2000
aspi8dos.sys=100,,2000
aspi4dos.sys=100,,2000
aspi8u2.sys=100,,2000
aspicd.sys=100,,2000

[Strings]
; This string is displayed to the user. It can be localized as
; necessary.
oem.boot.desc="セットアップ起動ディスク"
 
  CD−ROMドライブは、認意のドライブ名を指定できるので「Q」ドライブとして組み込んであります。
 
    ※ 部室にあるパソコンの様に,CD-ROMが2ドライブ付いているパソコンでは動作しません。
 
4 動作試験及び問題点
  動作試験は次のドライブで起動のみ確認しましたが、実際のWindows95のインストールはしていません。
  ATAPI接続のCD-ROMは「Oakcdrom.sys」で動きそうだが、SCSI接続ではSCS Iカードメーカー2社製品以外動かないのでは?と思われ動作確認が必要である。

  C D - R O M 名

接続形態

  備   考

TEAC CD-516S
TEAC CD-56E
TEAC PD-1 PD-518E
Panasonic LF-1004
 

SCSI
ATAPI
ATAPI
SCSI
 

AHA-2940AU

(PD)
(PD) AHA-2940AU
 
       ※ Windows 98 起動ディスクReadme.txtに動かなかったらメーカー製ドライバを組み込んでくれという記載有り。
 
5 最後に
  Windows98を購入したが今一つ動作が怪しくバグがだいぶ取り除れたWindows95をまた入れて使たい人の参考にでもなればと思います。
 
 
 
                  1998.8.21  兵ちゃん