平成12年1月25日

IEEE1394インタ−フェ−スについて

兵ちゃんの研究室へ戻る
 どこかで「IEEE1394」という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか?「値段が高い」「対応機器が少ない」などをイメ−ジすると思います。初期のIEEE1394インタ−フェ−スは高価でしたが、最近事情が少し変わり安価で高性能、高い互換性を備えた物が出回っています。今回は安価なIEEE1394を使ったデジタルビデオカメラ(以降:DVカメラ)との接続実験(中断)をしたので、その結果を報告したいと思います。

 


1.IEEE1394とは
  1986年にアップルコンピュ−タが「FireWir
 e」という名称で開発、後にIEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers:米国電気電子技術者協会)によって標準化が進められ1995年にIEEE1394というシリアルバスの規格として制定されました。この規格で作られたインタ−フェ−スは、そのまま「IEEE1394」や「FireWire」、「i.Link」と呼ばれ、 この規格で作られたビデオカメラの端子は「DV端子」と呼ばれパソコンや家電製品との共通なインタ−フェ−スとして定着しはじめています。現在ではインタ−フェ−スカ−ドの規格も少し変わ り「IEEE1394a」という高性能な規格のものに変わっています。

2.IEEE1394インタ−フェ−スの互換性
  初期のIEEE1394規格のインタ−フェ−スカ−ドは、ハ−ドウェア会社の提供した専用のドライバを使ってWindows95やWindowsNT4.0環境で動かしていました。用途は限られDVカメラと接続して静止画や動画をパソコンに取り込むためのビデオキャプチャ−カ−ドとしてつかわれていました。
  Windows98の登場した後にWindows98 Second Editionが登場しOHCI(Open Host Controller Interface)に対応、OHCIに対応することによりハ−ドウェア会社の提供した専用のドライバに左右されることはなくなりソフトウェアの互換性も良くなりました。互換性が高くなることにより安価なインタ−フェ−スカ−ドでも使えるようになり現在にいたっています。
  インタ−フェ−スカ−ド上のコントロ−ラについては、Texas Instrument(TI)、NEC、VIAが製造したものを使用したカ−ドがよく出回っています。ドライバについてはWindows98 Second Editionでだいたい標準で持っています。国内にて製造しているカ−ドはNECを使い、輸入品のカ−ドはTexas Instrum ent(TI)、VIAのコントロ−ラを使う傾向があるようです。

3.互換性の実験
  互換性の実験はIEEE1394インタ−フェ−スカ−ドを数枚用意して実験用パソコンに装着したのちDVカメラを駆動させて互換性をみる。 

  各カ−ドに使われているコントロ−ラは「IOI-1394TTO」と 「KOUWWLL_582A」はTIを使っていました。写真が載せれなか った「POWER MEDIA W-1394」はTIとVIAの混載です。接続の互換性を見るためにDVビデオカメラとして厚生班の 貸出物品のソニ−TRDV9を借りてきました。ソフトウェアについてはIOI-1394TTOに付属していたMGI VideoWave IIを使いビデオ再生や取り込みを行いました。

4.実験結果
  セットアップの時点で気が付いたのですが、コントロ−ラのドライバをWindows98がインスト−ルするときにTI製のコントロ−ラの方が世界的に出回っている事もあり、何もしなくても簡単にインスト−ルできました。(環境により違う)
  パソコンからのDVカメラのコントロ−ルは、SONY製だけのことはあり、正常にコントロ−ルできました。動画の取り込みに関しても正常にファイルとして取り込む事ができまし  た。

5.実験結果の検証
  実験結果からも解るように安価な無名のメ−カ−製でも標準的な部品(コントロ−ラ)を使い規格通りに作られた物であれば使える事が確認できました。ただし、今回の実験でやっている事は、DVカメラをコントロ−ルと動画の取り込みをしています。パソコン上で扱う動画として考えると、実験や検討の余地がおおいにあると思います。「パソコン上で扱う動画」については、平成10年度から引き続いている研究テ−マにもなっています。
  パソコン部でも動画取り込み用としてIEEE139 4カ−ドを10年度購入しています。パソコン上で動画を扱うためのシステムにするには、平成10年の頃は高価で構築しにくいものでしが、現在 では、価格も下がり周辺機器もそろいはじめて条件としては良い時期、そしてパソコン上で動画を扱う事がIEEE1394インタ−フェ−スカ−ドにより普通の事になりつつある状況です。

6 最後に
  今回の実験は今のご時世に向いたタイムリ−な話では?と思います。ちょうど今月の半ばに某パソコ ン雑誌でもIEEE1394の話が載っていました。パソコン用の周辺機器はあまり出ていませんがデジタルビ デオの世界ではIEEE1394はかなり評価されています。「デジタルVHS」というDV端子が付きデジタル録画方式のビデオデッキも登場しています。さらIEEE1394をLANカ−ドとして使うネットワ−ク規格も登場しています。IEEE1394関連の記事は今後とも注目されどんどん増えていくと思います。

2000年2月25日  兵ちゃん