2012718

兵ちゃん


NASシリーズ 3

OpenMediaVaultで作るパソコンを使ったNASについて


兵ちゃんの研究室へ戻る

 「NASシリーズ」も続いて3回になりました。特定分野で特定のハードウェアを使うとなると続けてレポートを書いた方が効率が良く違いも解り易いと思います。従って今回は、NAS(ナス)OS(オーエス)の中でもLinux(リナックス)で作られているOpenMediaVault(オープンメディアバウルト)と言う無料のOSを紹介したいと思います。もちろん、MS Windowsのパソコンを接続して使う物です。



1.NASとは

 NASとは、Network Attached Storag(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)の略で、LAN等のネットワークに直接接続して使用します。NASには、様々な物があり、だだファイルを保存する物から信頼性を高めたRAID(レイド)を搭載した物もあります。



2.パソコンを使うメリット

 NASと言えば専用機を思い浮かべますがパソコンで作る事ができます。パソコンを使うとハードウェアを自由に組み立てることができます。さらに、パソコンを使うことで高スペックで多機能な物が作れて、安価に構築できます。ファイルサーバとして使うことを考えると一昔前のパソコンで十分な性能を持っているので古いパソコンを利用することもできます。ただし、新しいハードウェアの場合ですが、2TB以上のHDD(ハードディスクドライブ)を使う場合は、マザーボードが対応している必要な場合があります。



3.NASに特化した無料のOS

 パソコンをNASとして使うための無料のOSとしては、FreeNASから分派したLinux版のOpenMediaVaultというOSを使います。一部に日本語が使われていますが、表示される言葉は、日本語化(ローカライズ)されていないのでメインは英語表示になります。



4.ファイル共有のためのプロトコル

 ファイル共有を実現するネットワーク上での通信手順の事をプロトコルと言いますが、一般的にプラットフォーム(パソコンの種類)ごとに異なるものを利用しています。今回は、MS Windowsパソコンで使われているCIFSというプロトコルを使います。



プロトコル

説 明

NFS (Network File System)

Solaris, Linux, Mac OS XなどUNIXOSの多くがサポートするプロトコル。またWindowsServices for UNIXをインストールすることでNFSを使えるようになります。

SMB(Server Message Block)

MS Windowsで主に利用されるプロトコル。UNIXOSではSambaが広く使われている。

CIFS(Common Internet File System)



5.RAID

 RAIDとは、速度・容量・信頼性を高めるために物理的なハードディスクを複数台をまとめて、一つのハードディスクとして構成した物をRAIDと呼んでいます。今回は、OpenMediaVaultでは、次のようなものがソフトウェアRAIDで使えます。中でも、今回はRAID 6を使います。


レベル

名称

HDDの数

説明

RAID 0

ストライピング

2台以上

複数台のハードディスクに、データを分散して読み書きし高速化したもので冗長性がなく耐障害性もない。容量は、HDD2台中2台分

RAID 1

ミラーリング

2台以上

複数台のハードディスクに、同時に同じ内容を書き込む。これをミラーリングと呼ぶ。 RAID 1は最もシンプルなRAID。容量はHDD2台中1台分

RAID 5

パリティ付きストライピングモード

3台以上

ブロック単位でのパリティ分散記録パリティを使用して複数のハードディスクに誤り訂正符号データと共に分散させて記録して使用効率に優れている。 ドライブの台数が増えるほど高速化を見込める。容量はHDD4台中3

RAID 6

ブロック単位・複数パリティ分散記録

4台以上

RAID 5よりさらに高い耐障害性がある。任意の2つのハードディスクに障害が発生してもデータが復元できる。

RAID 10

ミラーリング+ストライピング

4台以上

RAID 1でミラーリングされたドライブのセットを複数用意して、それらの間でストライピング(RAID 0)する方式。



6.ファイルシステム

 MS Windowsで使われているファイルシステムは、NTFSですが、OpenMediaVaultでは、別なものが使われています。


名 称

特 徴

EXT 3

third extended file systemの略でLinuxのファイルシステム

EXT 4

EXT 3の後継のファイルシステム

XFS

シリコングラフィックスが開発しLinuxへの移植されたもの

JFS

Journaled File Systemの略、IBMが開発してLinuxへ移植されたもの



7.OpenMediaVault

  OpenMediaVaultというOSは、FreeNASから派生したLinux版のOSです。ベースとして使われているOSは、Debian GNU/Linux(デビアングニューリナックス)をベースにして作られています。OpenMediaVaultは、パソコンでNASを構築することに特化したLinuxディストリビューションの一つです。最新版はバージョン0.3になりますが64bit版しかないので64bit版を使います。

開発元

Volker Theile

最新版

64bit: openmediavault_0.3_amd64.iso (最新版は64bit版しかない)

ベース

Debian GNU/Linux 6.0 (Squeeze)

特徴

S.M.A.R.T. monitoring + email notification, Watchdog

HDD power management (APM/AAM)

EXT3/EXT4/XFS/JFS filesystem support

Software RAID JBOD/0/1/5/6 (mdadm) + email notification, LVM

Share management + ACL support, Quota (per volume)

SNMP (v1/2c/3) (read-only) , UPS

プロトコル

SSH, FTP, TFTP, NFS,SMB/CIFS, Bittorrent client, DAAP client, NTP

設定方法

別のパソコンからブラウザで設定する「WebGUI」でおこなう。



8.必要なハードウェア

 マザーボードが対応していればOpenMediaVaultのインストールが完了した後ディスプレイ、マウス、キーボードを外した運用が考えられています。あと、準備したハードウェアは少しオーバースペックだと思います。もっと、古いパソコンでも良いと思います。また、希望するスペックにしたい場合は、拡張カードで増設したり、場合によっては、マザーボードを交換する事も検討する必要があると思います。今回は、OpenMediaVault2TB以上のHDDに対応しているので3TBHDDを使います。もちろん、マザーボードも対応した物を使います。



推 奨

準備したハードウェア

CPU

64BIT CPU以上

AMD Phenom II X4 965

RAM

1GB以上

8GB

起動用HDD


1GB以上のHDD,USBメモリ,コンパクトフラッシュ等1

1GB以上でマザーボードから起動できる物

HDD 2TB


データ用HDD

1台以上のHDD

2TB以上対応

HDD 3TB×4

(RAID 6で使用 5.46TB)

その他

Debian GNU/Linux 6.0のサポートするハードウェアRAIDカード、ネットワークカード(有線/無線)

マザーボードASRock 870iCafe R2.0にオンボード



9.インストール

 URL http://www.openmediavault.org/からopenmediavault_0.3_amd64.isoというディスクイメージファイルをダウンロードしてライティングソフトでCD-Rに焼きインストールディスクを作ります。インストールプログラムが良くないため、OpenMediaVaultをインストールする起動用HDD以外は外してインストールします。次にディスクをドライブにセットしてCD-ROMドライブから起動します。あと、インストールプログラムは、Debian GNU/Linux 6.0のプログラムが使われているようです。


1

矢印キーで[Text Install]を選択して[Enter]キーを押す。













2

方向キーで[Japanese - 日本]を選択して[Enter]キーを押す。
















3

[日本]を選択して[Enter]キーを押す。











4

[日本(106キー)]を選択して[Enter]キーを押す。











5

任意の文字を入力し[Enter]キーを押す。










6

再度同じ文字を入力し[Enter]キーを押す。











7

[はい]を選択して[Enter]キーを押す。







8

[日本]を選択して[Enter]キーを押す。












9

通常は空欄で[Enter]キーを押す。







10

どれかを選択して[Enter]キーを押す。

















11

再起動してブートマネージャーの画面が表示される。













12

左の画面は、白黒反転してありますが、OpenMediaVaultの動作中の画面です。画面左下に「192.168.0.8」と表示されているアドレスを使い別のパソコンのブラウザでアクセスして操作します。








10.基本設定

 ここでは、他のMS Windowsパソコンからインターネットエクスプローラ等のブラウザで設定します。固定IPアドレス(静的アドレス)を登録するのと 電源スイッチ を押してシャットダウンしてオフになるように設定します。設定をするのにLinuxパソコンでもできますが、MS Windowsパソコンを使って設定します。


1

インターネットエクスプローラ等のブラウザに「http://192.168.0.8/」のIPアドレスを入力してログイン画面が表示されたところです。デフォルトの設定は、Usernameは「admin」、パスワードは「openmediavault」です。





2

WebGUI(英語表示)が表示される。












3

[System][Netwoke]クリック[Interfaces]タブをクリックする。












4

LANカードが表示されているところをダブルクリック











5

Method[Static]を選択Addreseを設定したいIPアドレスを入力する。Netmaskは、LANで使われているネットマスクを入力する。Gatewayは、LANで使われているゲートウェイを入力する。[OK]をクリックする。


6

ブラウザのIPアドレスを変更するとWebGUIが再度表示される。

再度ログインしなおす。









7

[System][Power Management]をクリック「Power Butan」にチェックを入れる。[OK]をクリックする。






8

電源スイッチを押してシャットダウンして下さい。電源をオフにしてデータ用HDDを取り付けて再び電源をオンにして続きをやって下さい。




11.ストレージの設定

 HDDを選択してソフトウェアRAIDを構成します。


1

[Storage][RAID Management][Create]をクリックする。
















2

Nameは、任意の名前を入力、LavelRAIDのレベルを入力する。今回は、RAID 6を選択する。







3

RAIDを構成するHDDをチェックを入れて選択する。







4

[Yes]をクリックする。




5

作ったRAIDが表示される。





6

[Strage][Filesystem]をクリックする。[Create]をクリックする。










7

Deviceは作ったRAIDを選択しLabelは任意の名前を入力する。Filesystemをクリックして今回は、EXT4を選択する。







8

[OK]をクリックする。






9

[Yes]をクリックするとフォーマットが開始される。



10

右欄の「Status」で状態が表示される。「Initializing」はフォーマット中なので「Online」になるまで待つ。


11

[Mount]をクリックする。






12.CIFS

 CIFSは、主にMS Windowsで使われるプロトコルですが、このプロトコルを使うことでMS WindowsパソコンもUNIX系パソコンもLANに参加して連携して使う事ができます。今回は、このプロトコルの設定を行います。


(1)CIFSの設定

 ここでは、LAN上に公開する共有フォルダの設定、接続するパソコンのIPアドレスの登録とユーザーの設定をします。


1

[Services][SMB/CIFS]をクリック[Enable]にチェックを入れて[OK]をクリックする。










2

[Shares]タブをクリックして[Add]をクリックする。





3

Nameは任意の名前を入力Comentも任意で入力する。Saredfolderは「+」をクリックする。










4

Nameは任意の名前を入力Volumeは、RAIDを選択する。







5

[OK]をクリックする。












6

[System][Network]をクリック[Hosts]タブをクリックする。

Allow」と「Deny」の二つの欄で[Enter]キーで改行してLANに接続したあるパソコンのIPアドレスを全部入力するか「ALL」を追記する。



7

[Acces Right Management][User]をクリック[+Add][Add]をクリックする。



8

Nameは任意の名前を入力する。Passwardも任意のパスワードを入力する。Confrm Passwardは、Passwardと同じものを入力する。

Groupは、一番権限の強い「root」をチェックを入れて選択する。[OK]をクリックする。

アクセスする数だけユーザーを作る必要があります。



9

[Services][SMB/CIFS]をクリックする。Enableにチェックを入れて[OK]をクリックする。












10

[diagnostics][System Information]をクリックして[Services]をクリック[Overview]をクリックして「SMB/CIFS」が「Enabled」になっているか確認します。






(2)CIFSでの使用

 パソコン同士をLANで繋いだのと同様に共有フォルダにアクセスできます。NASというよりはファイルサーバー(Sambaサーバ)に近いと思います。



13.起動と終了

 起動するにはOpenMediaVaultをインストールしたパソコン本体の電源スイッチを押すと起動します。終了する時は、MS Windowsパソコンのインターネットエクスプローラ等のブラウザで[Shutdown]で終了してオフにするか、パソコン本体の電源スイッチを1回押すことでシャットダウンしてオフにできます。インストールさえ終わってしまえば、ディスプレイやキーボードを取り外して使う事ができます。簡単な操作で使えるように考えられています。



 これでOpenMediaVault 0.3がどんな物か解っていただけたでしょうか?パソコンを使ったNASで定評があるFreeNASから派生しているので、今後のバージョンアップで、さらに良くなって行くと思われます。しかも、3TBHDDにも対応しているので兵ちゃんの研究室で採用したいと思います。NASを導入する時の参考になれば幸いです。


参考URL

OpenMediaVault - Home http://www.openmediavault.org/

OpenMediaVault https://sites.google.com/site/openmediavaultdoc/home/

色々

12