20121018

兵ちゃん


3TBハードディスクの対応について

兵ちゃんの研究室へ戻る

 以前のレポートにて20110518日「2TB超えHDDについて」と20110618日「次世代BIOSUEFI(EFI)について」にて2.2TB以上の3TBハードディスクを扱いましたが、OSの対応も増えましたので再度、紹介したいと思います。



1.UEFI(旧称:EFI)

 2.2TB以上の3TBハードディスクを起動用として使うにはUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)という現行のBIOSに代わるものが必要になります。具体的に言うとUEFIをのせたマザーボードが必要です。今回は、「ASRock 870iCafe R2.0」というUEFIのマザーボードを使っています。



2.2TBの壁」とは

 これまでハードディスクの区画の管理方式にはMBR(Master Boot Recod)でハードディスクのセクターを32Bitで管理してきました。32Bitで管理してきたということは232乗ということです。ハードディスクは1セクターあたり512バイトなので232乗では2.2TB(テラバイト)になります。つまりMBRでは2.2TBまでしかハードディスクを管理できないということです。「2TB超え」をするにはハードディスクを管理する方式にGPT(GUID Partition Table)を使ってハードディスクの区画を管理します。GPTではセクターを64Bitで管理して264乗まで扱えます。264乗とは8ZB(ゼタバイト)、約86TB(テラバイト)まで管理することができます。従ってMBRに取って代わって今後はGPTが主流になっていきます。Linuxの場合は、OSの主要なプログラムでカーネルというプログラムのバージョン2.6.0からGPTに対応していましたがLinuxの種類によってはGPT区画へのインストールやハードディスクから起動するプログラムでブートローダーというプログラムのGPT区画の対応ができていないものもあります。



3.GPT対応OS

 GPTのハードディスクから起動するOSMS Windows Vista SP1 64Bit版、MS Windows 7 64Bit版など64BitOSが対応しています。特にLinuxはバージョンアップして新しく対応したものがあります。主なLinuxの最新バージョンと3TBへの対応は次の表のようになります。


系統

ディストリビューション

最新バージョン

説 明

Debian

Debian GNU/Linux

(デビアングニューリナックス)

6.0.5

以前から対応済み

Debian

Ubuntu(ウブントゥ)

12.04

以前から対応済み

Debian

Linux Mint(リナックス・ミント)

13

以前から対応済み

Red Hat

Fedora(フェドラ)

17

現在のバージョン17で対応した。(UEFI)

Red Hat

CentOS(セントオーエス)

6.3

現在のバージョン6.3で対応した。(UEFI?)


Red Hat

Scientific Linux(サイエンティフィック・リナックス)

6.3

現在のバージョン6.3で対応した。(UEFI?)

Slackware

openSUSE(オープン・スーゼ)

12.2

現在のバージョン12.2で対応した。(UEFI)

独立系

Sabayon Linux(サバイヨン・リナックス)

10

現在のバージョン10で対応した。(Debian式?)



4.実験結果

 MS Windowsの対応は、わかりやすいのですが、Linuxは種類が多く、Debian系のLinuxは、だいぶ前に2.2TBを超えた3TBに対応していましたが、最近になってやっとRed HatLinuxが対応しました。各Linuxは、バージョンアップ内容で対応したかは掲示されていませんでしたので実験にて確認しました。実験の結果は、Debian系を採用したものとMS Windowsを代表とするUEFIを採用したものとがありました。あと、Red Hat系では、FedoraUEFIを使ったものが開発されて有料のRed Hat Enterprise Linux(レッドハット・エンタープライズ・リナックス、RHEL)で採用されRed Hat Enterprise Linuxのソースコードと呼ばれるプログラムの元を採用しているCent OSScientific Linuxは、右にならえで2.2TBを超えた3TBハードディスクへ対応したようです。






 今回の内容は、どっかの雑誌が特集でもやってくれれば良いのですが・・・・インストールをして確認しました。OSを動かすためのハードウェアを準備する時の参考になれば幸いです。





参考URL

日経BP 日経Linux 2011.4

Debian GNU/Linux http://www.debian.or.jp/

Ubuntu http://www.ubuntulinux.jp/

Linux Mint http://www.linuxmint.com/index.html

Fedora http://fedoraproject.org/ja/

Cent OS http://www.centos.org/

Scientific Linux https://www.scientificlinux.org/

Vine Linux http://vinelinux.org/

openSUSE http://ja.opensuse.org/

Sabayon Linux http://www.sabayon.org/

色々

3