20121118

兵ちゃん


発売されたMS Windows 8 について


兵ちゃんの研究室へ戻る

 20121026日にMS Windows 8 が発売されました。良いものか悪いものかはわかりませんが何年間は付き合わなければなりません。今回は、発売されたMS Windows 8 を入手しましたので気が付いた範囲内で紹介したいと思います。



1.Windows 8 のハードウェア要件

 Windows 8 に必要なハードウェアは次のようになります。パソコンに共通した「パソコンの基本的なシステム要件」と「デスクトップパソコンのハードウェア要件」、「タブレットのハードウェア要件」に分かれています。特にタブレットは高機能を要求しています。


パソコンの基本的なシステム要件


32bit

64bit

CPU

1GHz以上

1GHz以上

RAM

1GB以上

2GB以上

ハードディスク

16GB以上

20GB以上

ビデオカード

1,024×768ピクセル以上

DirectX9.0対応

1,024×768ピクセル以上

DirectX9.0対応


デスクトップパソコンのハードウェア要件

コンポーネント

条件

ハードディスク

10GB以上の空き容量

ファームウェア

UEFI 2.3.1以上

ネットワーク

イーサネット又はWi-Fi


ビデオカード

GPU

最低でDirect3D 10 Feature Level 9_3 with WDDM 1.2 ドライバ

ビデオ再生

グリッチ無しに1080pのビデオ再生が可能な事

最低解像度

1024×768ドット

 

タブレットのハードウェア要件

コンポーネント

条件

ハードディスク

10GB以上の空き容量

ファームウェア

UEFI 2.3.1以上

ネットワーク

WLAN

必須

Bluetooth4.0

必須


グラフィックス

GPU

最低でDirect3D 10 Feature Level 9_3 with WDDM 1.2 ドライバ

画面解像度

1366×768

画面回転機能

必要(4方向)

タッチ機能

Windows 8 Touch solutionを満たす必要がある

前面カメラ最低解像度

720p以上

明るさセンサー

照度

1-30k lux

ダイナミックレンジ

5-60k

ACPI対応

最低でもACPI 3.0b

磁気(方位)センサー

必須

加速度センサー

軸数

3

データレート

50Hz

Audio outputスピーカー

必須

ジャイロセンサー(回転)

必須

USB 2.0

1つ以上



2.インストール

 今回はMS Windows 8 64Bit版とMS Windows 8 pro64Bit版の2つのパッケージを入手しました。どちらもインストール時にHotmailのアカウントが必要になります。すでに持っている人は良いのですが持っていない人は無料ですので登録して下さい。また、HotmailのアカウントはWindowsストアで必要になります。



3.ユーザーインターフェイス

 マウスで一通りの操作はできますがタッチパネル向けの操作は次の表のとおりになります。


長押し



長押しによる情報の表示

このタッチ操作では、詳細情報や説明を伝える視覚効果 (ヒントやショートカット メニューなど) が表示されます。操作をコミットする必要はありません。ユーザーが指でスライドを開始したときに、このような表示によってパンが妨げられないようにしてください。

タップ



タップによるプライマリ操作

要素をタップするとプライマリ操作 (アプリの起動、コマンドの実行など) が呼び出されます。

スライド



スライドによるパン

スライドは主にパン操作に使われますが、移動、描画、筆記などの操作に使うこともできます。また、スライドは、スクラブ操作 (ラジオ ボタンなどの関連したオブジェクトを指でスライドする操作) によって、小さな密集した複数の要素をターゲットとするときにも使うことができます。

スワイプ



スワイプによる選択、コマンド、移動

パン方向に対して垂直方向に指を少しスライドさせると、一覧またはグリッド (ListView および GridLayout コントロール) の中のオブジェクトが選択されます。オブジェクトが選択されたら、関連するコマンドとともに AppBar を表示します。

ピンチとストレッチ



ピンチとストレッチによるズーム

ピンチ ジェスチャとストレッチ ジェスチャは一般的にサイズ変更に使われますが、セマンティック ズームによってコンテンツ内の最初、最後、または任意の場所に移動することができます。SemanticZoom コントロールは、アイテムのグループを表示し、それにすばやく戻ることができるズーム アウト ビューを提供します。

回転(ターン)



指を違う方向に動かすことによる回転

2 本以上の指を別々の方向になぞると、オブジェクトが回転します。画面全体を回転させるには、デバイスを回転させます

端からのスワイプ

(エッジ)






端からのスワイプによるアプリコマンドの表示

端からのスワイプによるシステムコマンドの表示

画面の上端または下端からスワイプすると、アプリコマンドが表示されます。AppBarを使ってアプリ コマンドを表示します。


画面の右端からスワイプすると、システム コマンドが含まれたチャームが表示されます。

左端からスワイプすると、現在実行中のアプリが順に表示されます。

画面の上端から下端へスライドすると、現在のアプリを閉じます。


画面の上端から下端、および左端または右端へスライドすると、現在のアプリをスライドした側にスナップします



4.チャームバー

 マウスを右上の角に持っていくかタッチパネルで右側から中心に向けて動かすと右側から出てくるメニューを「チャームバー」と言います。チャームバーは何かしたい時には必ず使う事になるのでMS Windows 8 では基本となる操作になっています。



5.互換性について

 従来からあるアプリケーションソフトは互換性があり、デスクトップ上で動きますが、自分が気が付いたところでは、動画を再生するプログラムのコーデックが動かないものがありました。何でも動くか?と言えば、動かない物もありました。あと、DVDのビデオ再生が標準でできなくなったので別に準備してインストールする必要があります。



6.ディスクイメージファイルについて

 MS Windows 8 から標準の機能としてDVDやブルーレイ等をファイル化してディスクイメージファイルを作りマウントという操作をすることで仮想のドライブとして扱う事ができるようになりました。扱う事はできるのですがディスクイメージファイルを作るプログラムはMS Windows 8 で持っていなくて別にライティングソフトをインストールする必要があります。ちょっと不便です。




 MS Windows 8 は、多機能で紹介しきれませんので変わった所、気付いた所を紹介しましたが、デスクトップパソコンとして使うとなるとMS Windows 7とかの方が使いやすいようです。もちろんタブレットPCMSではスレートPC)で使うとなるとMS Windows 8 の方が良いようです。MS Windows 8 になれるまで時間がかかりそうです。MS Windows 8 を選択する時の参考になれば幸いです。





参考URL

工学社 早わかりWindows 8

Inpress Japan Windows 8 新機能徹底検証

秀和システム Windows8 SUPER MANUAL

秀和システム BASIC MASTER はじめてのWindows8 最新機能編

タッチ操作の設計 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/hh465415

色々

4