20130218

兵ちゃん


ワンクリック詐欺の注意喚起について

兵ちゃんの研究室へ戻る

 インターネットの個人サイトを見ていたらリンクがあり、どんな趣味しているのかな?とクリックしたら別のサイトに飛んで「18歳以上ですか?」と表示しクリックしたら不正プログラムをダウンロードして次にまたクリックして不正プログラムをパソコンにインストールしてしまい・・・いきなり料金請求されるというワンクリック詐欺に出くわしてしまいました。パソコンをやっていてこの手の詐欺はあるのは知っていましたが実際に出くわしてしまったのは初めてでしたので紹介したいと思います。



1.ワンクリック詐欺とは

 ホームページ上で何回かクリックして自分の意思とは関係無しにいつの間にか登録されて個人情報はだまして入手し、それを元に法外な請求をされるものを「ワンクリック詐欺」、警視庁では、「ワンクリック料金請求」と呼んでいます。実際にインストールされたプログラムの例は次の画像になります。ちなみにこのプログラムが表示された段階では詐欺の意図とする個人データの収集までは行っていません。でも、こんな物がパソコンに常時表示されていてはお父さんの威厳失墜はまちがいないと思います。無駄な抵抗はやめて素直に認めて次の処置をしたほうが良いと思います。


実際のワンクリック詐欺のプログラムの例





2.ワンクリック詐欺の流れ

 各段階で個人情報を相手に渡す危険があり、氏名、メールアドレス、電話番号、住所等の個人情報を相手に渡さないようにする必要があります。各段階の回避手段は次のようになります。



ワンクリック詐欺の流れ


回避手段

@

ホームページ上に不正プログラムの偽装されたリンクがありクリックしてしまう。






A

不正プログラムをダウンロード

ダウンロードをキャンセル




B

ロングファイルネームで何のプログラムか解らずクリックしてインストールしてしまう。

不明なプログラムは実行しない。




C

不正プログラムが実行されて自分の意思とは関係無しにいきなり「登録されました」、「料金を払ってくれ」というメッセージが表示される。

不正プログラムのボタンは偽装されている事があるので一切触らない。また、プログラムの削除が難しいのでパソコンのOSを再インストールする。※今回の自分がそうでした。




D

不正プログラムをクリックしてしまう。






E

個人情報の入力フォームが表示される。

個人情報を入力しない。




F

個人情報を送信してしまう。

個人情報を相手に渡さない。




G

入力した個人情報をもとにして料金の請求が始まる。

メールや電話をとりあわない。




H

お金を振り込む。

お金を振り込まない。




I

ワンクリック詐欺(ワンクリック料金請求)が成立






3.パソコンの処置

 「お問い合わせ」等をクリックしない。不正プログラムを下手に触らないのが重要です。個人情報を相手に渡してしまう事になります。とにかくメールアドレスや電話番号等の個人情報を入力して相手に渡さないのが重要です。今回の不正プログラムの削除をする方法は、タイムスタンプを元に検索して不正プログラムを削除して処置するか・・・それがダメなら重要ファイルのバックアップを取ってからOSの再インストールをして完全削除を行った方が安心です。自分が引っ掛かった例では、削除を試みましたがうまくいかず・・OSの再インストールとソフトのインストールを行って回復しました。ちなみに作業には2日間かかってしまいました。



4.スマートフォンの処置

 スマートフォンの場合はパソコンより状況が深刻で最近増えているそうです。個人情報を相手に渡さないように連絡を取らないのは基本的にかわりませんが・・・不正プログラムをあやまってインストールしてしまうと電話番号やメールアドレスが相手にわかってしまうそうです。(Android)雑誌で紹介されたソフトにするか知らないプログラムはインストールしないように気おつける必要があります。個人情報が相手に渡ってしまったら、電話がかかってくるそうです。その場合は、着信拒否をするか、メールなら迷惑メールに登録する等のこれ以上の個人情報を相手に渡さない処置をする事が重要になります。



5.考察

 とにかく初期の段階で不正プログラムをインストールしないようにする事が未然に防ぐ事になるようです。それでもワンクリック詐欺に引っ掛かってしまった場合は、氏名、メールアドレス、電話番号、住所等の個人情報を相手に渡さないようにする必要があります。おしえてしまうと不当な料金の請求が始まります。間違って言うなりになり支払ってしまうとワンクリック詐欺が成立してしまい犯罪者にうまい汁を吸わせてしまう事になります。





 今回の内容はワンクリック詐欺(ワンクリック料金請求)に引っ掛かった実例でしたが気が付いた段階では逃れる事ができる段階でした。間違って問い合わせをしてしまったら・・・それを糸口にして不正請求のメールが来る所でした。今回の被害は、パソコンのOSの再インストールとソフトのインストールだけで済んで良かったと思います。詐欺に引っ掛からないように参考になれば幸いです。




参考URL

警視庁 ワンクリック料金請求にご用心

 URL http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/haiteku/haiteku35.htm

色々

4