20130418

兵ちゃん


パソコンの埃によるエラーについて

兵ちゃんの研究室へ戻る

 パソコンも使っているとエラー等の故障が発生します。中でもパソコンを使っているとファン等の可動部品が徐々に傷んできます。空冷のため徐々に埃等の異物が入ってきたりもします。ファンの回転数が落ちたり放熱ができなくなるとパソコンでは直接的や間接的にエラーとして現象が現れます。今回は、自宅で地デジを見ているパソコンが埃によるエラーが起きましたので修理するまでを紹介したいと思います。



1.故障の様子

 まず最初に気が付いたのは、地デジのB-CASカードリーダーの読み取りできないというエラーが出て視聴用のソフトウェアが時々動かないというものでした。その次に出たエラーは、時々が常にになり故障が再現されました。しかし、B-CASカードリーダーは、交換してもエラーは改善されませんでした。OSは、MS Windows 8を使っていましたが、MS Windows 7 に入れ替えても同じエラーが出ました。OSを入れ替えても同じエラーが出た事でOSではなくてハードウェアがアウトの可能性がでてきました。次にでたエラーは、BIOS(UEFI)の起動までは表示されOSが起動できないというエラーがでました。


OSが起動できないというエラー



2.パソコンの環境

 パソコンの置かれていた環境は、自分の部屋でパソコンの近くにベットがあり、布団があり埃が出やすい部屋で使っていました。布団等の寝具は意外と埃がでる物で、特に安い寝具を使っているとハンパなく埃が出ます。従ってパソコンの置かれた環境を改善するために今回の件で新しい埃がでにくい寝具に交換しました。



3.パソコン内部

 パソコンのケース内の様子は、マザーボード等に埃が薄く積り、可動部品であるファン類は埃が硬くこびりついていました。



4.内部の清掃

 パソコン内部の埃の除去は、エアーダスターを使いたいところでしたが、エアーダスターは、軽くついた埃を飛ばすだけなので、今回は、筆を使い埃を浮かせて掃除機で吸い取る方法をとりました。ファン類は、筆では落ちなかったのでブラシを使い落しました。



5.CPUファンの交換

 CPUファンだけは、放熱板の埃が取れなくて交換する事になりました。ちょうどCPUファンの予備があったので交換する事ができました。外したCPUファンのファンと放熱板の汚れた様子は次のようになります。



ファン


放熱板




6.OSの再インストール

 OSの再インストールは、MS Windows 7 をインストールしてドライバを組み込み、設定して再インストールが無事に終わりました。



7.考察

 パソコンも機械なのでメンテナンスフリーとはいかず定期的に内部清掃をしてやらなければならないのではないかと思います。特に埃の多い環境ではなおさらだと思います。埃を溜めてもエアーダスターで吹き飛ばせるぐらいまでにしておくと良いのではないかと思います。






 今回の内容はパソコンの埃によるエラーについてでしたが・・・埃も馬鹿にはできないという事を解っていただけたでしょうか?ノートパソコンは難しいのですが、デスクトップパソコンの場合は、定期的な内部清掃が必要ではないでしょうか?また、エラーが出た時の疑う個所として参考になれば幸いです。






参考URL


色々

4