20130618

兵ちゃん



パソコンの取説の作成について

兵ちゃんの研究室へ戻る

 久しぶりに他の人のパソコンを組み立てをしました。そのパソコンは、○○さんに引き渡せるところまでできたのですが・・・いらないそうで・・・だいたいMS Windows 7 をインストールからサービスパックをインストールして色々なアップデートをインターネットからインストールしたらまる2日かかるだとか、取説を作るのに一日12時間ずつコツコツと約50ページを作るのに3週間かかったとか価値が解らない人でした。結局、解る人にもらってもらいましが、今回は、パソコンの取説を作りましたので紹介したいと思います。

































20130527






パソコンの取説






















兵ちゃん作成

 



このパソコンはアースソフト社
PT2という地デジチューナーカードを使っています。視聴ソフト(TVTest)で地デジを高解像度のフルHDで見ることや、裏で録画予約ソフト(ptTimer)で他の番組を録画する事ができます。しかも、ダビング10の制約をうけずに何回でもダビングできます。(ファイルのコピーができます)また、パソコンで扱えるファイルにすることで保存やバックアップをとる事が簡単にできて市販のハードディスクレコーダーより使いやすいと思います。

 あと、ディスクのファイル化に合わせてソフトをインストールしてあります。今までのパソコンより一歩進んだ使い方ができると思います。

 このパソコンを使う事でパソコンの普及と生活がより豊かになる事を期待します。












0.ドライブ構成(この部分は追加した部分です。)

 このパソコンのドライブ構成は、次のようになっています。


ドライブ

種 類

説 明

C

ハードディスク

一般的にハードディスクドライブ(HDD)です。

Q

DVDドライブ

物理的なDVDドライブです。

V

仮想ドライブ

ソフトウェアで作られたドライブです。





















目次


1.緒元・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2.構成品・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3.接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (1)パソコン本体の正面・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (2)パソコン本体の背面・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (3)ケーブル等の種類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (4)構成品の接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (5)インターネットへの接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  a.Wi-Fiテザリングによる接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (6)プリンターの接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


4.主なソフト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (1)Alcohol 52%・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (2)ImgBurn・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (3)LibreOffice 4.0・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (4)Paint.NET・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (5)Recuva・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (6)クライアント・マネージャ 接続ウィザード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (7)はがきデザインキット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (8)プリントマジック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (10)TVTest・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (11)ptTimer・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (12)Microsoft Security Essentials・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

















1.緒元

 パソコンの緒元は次のようになっています。


1

オーエス

MS Windows 7 Home Premium 64ビット Service Pack 1

2

CPU

AMD Phenom II X4 965 Processor 3.4 GHz

3

メモリー

8 GB (2GB×4)

4

ハードディスク

2 TB

5

マザーボード

GIGABYTE GA-770TA-UD3

6

ビデオカード

ATI Radeon HD 3450

7

IEEE1394aポート

×2

8

USBポート

2.0×8(背面パネル×6 、ケース前面×2) 3.0×2(背面パネル)

9

LAN

1000BASE-T (マザーボードオンボード)

10

無線LAN

Pci GW-USEco300 (USBポートに接続)

11

地デジチューナー

アースソフト PT2 チューナー数 地上波×2 衛星波×2

12

キーボード

Microsoft Wired Keyboard 600

13

マウス

メーカー不詳 USB マウス

14

カードリーダー

NTTコミュニケーションズ SCR3310-NTTcom (ケース内部)

15

B-CASカード

赤カード (地上波、衛星対応)(ケース内部)

14

ディスプレイ

iiyama ProLite E2473HDS Full HD LED



2.構成品



パソコン本体





ディスプレイ





キーボード





マウス











3.接続


(1)パソコン本体の正面





DVDドライブ


USB 2.0 ポート、マイク、音声、USB 2.0 ポート


電源スイッチ、リセットスイッチ







(2)パソコン本体の背面



パソコン本体の背面


マザーボードのリアパネル









(3)ケーブル等の種類


1

キーボードのUSBケーブル

USB 2.0 ポート に接続する。



2

マウスのUSBケーブル

USB 2.0 ポート に接続する。



3

DVIケーブル

ビデオカードとディスプレイを接続する。



4

音声ケーブル

マザーボードのリアパネルの音声出力とディスプレイを接続する。



5

電源ケーブル

パソコン本体かディスプレイに接続する



6

電源ケーブル

パソコン本体かディスプレイに接続する



7

アンテナ線

地上波も衛星も同じケーブルを使う。



8

4分波器

1つのアンテナ線を4つに電波を分ける器具



9

アンテナ線を継ぎ足す時に使う



10

無線LANカード

USB 2.0 ポート に接続する。




(4)構成品の接続


1

パソコン本体に電源ケーブルを接続する。



2

無線LANカードをUSB 2.0 ポート に接続する。

反対にしても刺さるので向きに注意



3

キーボードをUSB 2.0 ポート に接続する。



4

マウスをUSB 2.0 ポート に接続する。



5

音声ケーブルを接続する。



6

LANを使う時は、LANケーブルを接続する。



7

DVIケーブルをビデオカードに接続する。



8

アンテナ線を地デジチューナーカードに接続する。


芯線を中心に合わせるように差込、ネジ部を回して締めて接続する。


芯線が曲がり易いので注意する。



9

アンテナ線を付き足して繋ぐ。


市販のプラスチックのタイプでも接続できます。



10

パソコンの背面は、次のようになります。



11

ディスプレイに電源ケーブルを接続する。



12

ディスプレイに音声ケーブルを接続する。



13

ディスプレイにDVIケーブルを接続する。



(5)インターネットへの接続

 インターネットに接続するには、ケーブルを使ったLANで接続する方法と無線LANで接続する方法があります。ケーブルを使ったLANには、光回線を使ったNTTフレッツ光やコミュファ光等がありますが工事が必要です。無線LANで接続する方法は、光回線に無線LAN付ルーターで接続する方法と工事不要のモバイルルーターを使う方法と一番身近なスマートフォンのテザリングという機能を使う方法があります。無線LANを使う時の共通している事は、ルーターを識別するためにSSID

(Service Set Identifier)とパスワードの設定をする必要があります。


1

光回線

高速なインターネット環境が得られる。



NTTフレッツ光

コミュファ光

2

光回線に無線LAN付ルーター

高速なインターネット環境が得られる。

最近の光回線は無線LAN付ルーターが使われている。



NTTフレッツ光

コミュファ光

3

モバイルルーター

安価で工事不要なインターネット環境が得られる。(オススメ)



WiMAX


4

USBテザリング

スマートフォンを使った接続でパケット代がかかり、バッテリーを多く消費する。




5

Wi-Fiテザリング

スマートフォンを使った接続でパケット代がかかり、バッテリーを多く消費する。





 a.Wi-Fiテザリングによる接続


1

スマートフォンの「設定」をタップする。



2

「無線とネットワーク」をタップする。



3

「テザリング」をタップする。



4

Wi-Fiテザリングを設定」をタップする。



5

ネットワークSSIDとパスワードを入力して「保存」をタップする。



6

タップしてチェックを入れる。



7

Wi-Fiテザリングが有効になる。



8

パソコンの画面、右下のアイコンをクリックする。



9

無線LANのアクセスポイントが表示される。

スマートフォンで設定したアクセスポイント「11111111」が表示されている。クリックする。



10

「接続」をクリックする。



11

情報を取得する。



12

セキュリティキーを聞いてくる。



13

スマートフォンで設定したパスワードを「セキュリティキー」の欄に入力して「OK」をクリックする。接続ができるようになりインターネットにアクセスできるようになる。



14

インターネットへのアクセスが終わったらスマートフォンの「Wi-Fiテザリング」を無効

にする。



  

(6)プリンターの接続

 プリンターの接続には、USBLANで繋ぐ方法がありますが、プリンターを購入したらプリンターの取説に従ってください。



4.主なソフト

 「クライアント・マネージャ 接続ウィザード」というソフト以外は、全部無償(タダ)のソフトをインストールしてあります。

 

1



Alcohol 52%

ディスク仮想化ソフト

音楽用CDやビデオのDVD、パソコン用のデータCDDVD等のディスクをファイル化したディスクイメージファイルをソフトウェアで作った仮想のドライブとして読みとりができるようにするソフトです。

2



ImgBurn

ライティングソフト

CD-RDVD-Rに書き込むためのソフトです。音楽用CDやビデオのDVD、パソコン用のデータCDDVD等のディスクをファイル化してディスクイメージファイルを作る事もできる。

3



LibreOffice 4.0

オフィスソフト

マイクロソフトのオフィスと互換性があるオフィスソフトです。

4



Paint.NET

フォトレタッチソフト

デジカメの写真を修整したり加工ができます。

5



Recuva

ファイル復元ソフト

USBメモリやハードディスクから消された痕跡を調べてファイルを復活させ元に戻すソフトです。誤って消してしまっても復元できます。ただし、完全には復元できない事もあります。

6



クライアント・マネージャ 接続ウィザード

無線LAN接続ユーティリティ

USBポートに接続するPci GW-USEco300の設定ユーティリティです。無線LANへアクセスするアクセスポイントを設定します。

7



はがきデザインキット

はがき印刷ソフト

年賀状のあて名書きもできるはがき印刷ソフトです。

8



プリントマジック

はがき印刷ソフト

年賀状のあて名書きもできるはがき印刷ソフトです。

10



TVTest

地デジ視聴用ソフト

パソコンで地デジを見るためのソフトです。ptTimerが動いていないと動きません。あと、データー放送は見れません。

11



ptTimer

地デジ録画ソフト

番組表はアンテナから電波を受信して更新します。TVTestで地デジを見ながら裏でptTimerにて録画する事もできます。

12



Microsoft Security Essentials

ウィルス対策ソフト

マイクロソフト社が無料で提供しているウイルス対策ソフトです。最新の状態で使うには、インターネットに接続して更新する必要があります。


(1)Alcohol 52%


1

Alcohol 52%」のアイコンをダブルクリックする。



2

Alcohol 52%が開く。

音楽CDDVDドライブに入れて「イメージ作成ウィザード」をクリックする。



3

音楽CDの状態が表示される。「読み込みオプション」をクリックする。



4

「イメージのパス」の欄の右隅をクリックする。



5

自分で解りやすいように保存先を指定する。「フォルダの作成」をクリックする。



6

フォルダ名を入力したら「OK」をクリックする。



7

フォルダが作られる。「開始」をクリックする。



8

ディスクイメージファイルの作成が始まる。



9

ディスクイメージファイルができる。後はエクスプローラでディスクイメージファイルがあるフォルダを開きファイルを右クリックして「マウント」をクリックするとソフトウェアで作られた仮想のドライブにマウントされて読み取りができるようになります。



10

仮想ドライブにマウントされメディアプレイヤーで音楽が再生される。

インターネットに接続していないとメディアプレイヤーの曲目情報は利用できません。非表示になります。



11

次に映像用DVDのディスクイメージファイルを作成します。

DVDドライブに映像用DVDのディスクを入れて「イメージの作成ウィザード」をクリックするとディスクの状態が表示されます。「読み込みオプション」をクリックします。



12

保存先の「イメージのパス」の欄の右隅をクリックする。



13

新規にフォルダを作成するため自分で解るように「新規フォルダ名」を入力して「OK」をクリックする。



14

フォルダができる。



15

「イメージフォーマット」をMS Windows 7 で標準で扱える「標準ISOイメージ(.iso)」に指定する。次に「開始」ボタンをクリックします。



16

右の表示が出た時はプロテクトがかかっていて後で再生できません。



17

ディスクイメージファイルの作成が始まります。



18

ディスクイメージファイルが出来上がります。



19

ファイルを指定して右クリックでメニューを開き「ドライブにマウント」をクリックすると仮想のドライブにイメージファイルが入り読み取り可能になります。自動再生が有効になっていれば再生が始まります。



20

プロテクトがかかっていると右のようになります。上手くディスクイメージファイルを作るにはDVD Shrink 3.2を使います。








(2)ImgBurn


1

ImgBurnのアイコンをダブルクリックする。



2

ディスクイメージファイルを作るには、「ディスクからイメージファイルを作成」をクリックします。



3

映像用DVDでプロテクトが掛かっている場合は右のように表示されます。



4

自分で解るように保存先を指定します。



5

ディスクの絵柄をクリックします。



6

ディスクイメージファイルの作成が始まります。



7

完了すると右のように表示され音楽が流れます。映像用DVDでは、このソフトもそうですが、プロテクトがかかっていると見る事ができません。上手くディスクイメージファイルを作るにはDVD Shrink 3.2を使います。




(3)LibreOffice 4.0


1

LibreOffice 4.0のアイコンをダブルクリックします。



2

LibreOffice 4.0のプログラムが開きます。ここからそれぞれのソフトを開きます。



3

スタートメニューからも開く事ができます。




(4)Paint.NET


1

Paint.NETのアイコンをダブルクリックします。



2

Paint.NETが開きます。




(5)Recuva


1

他のパソコンで誤ってファイルを削除したUSBメモリーは、右のようにファイルが表示されていない状態です。



2

Recuvaのアイコンをダブルクリックする。



3

Recuvaが開く。



4

USBメモリーは「リムーバルディスク(D:)」を選択する。

「スキャン」をクリックする。



5

空のディスクから痕跡を調べて消されたファイルを表示する。



6

クリックしてチェックを入れる。「ファイル名またはフォルダ名」をクリックする。



7

復元したファイルの保存先を指定する。

「復元」をクリックする。



8

復元結果が右のように表示される。



9

指定したフォルダに右のように復元されました。



10

あと、このソフトをインストールしたパソコンは、「単純な上書き」、「米国国防省NISPOM」、「NSA方式」、「Gutmann方式」のファイルの削除に対応しています。ごみ箱から削除する時に使われます。










(6)クライアント・マネージャ 接続ウィザード


1

クライアント・マネージャ 接続ウィザードのアイコンをダブルクリックする。



2

クライアント・マネージャが開く。



3

画面右下のアイコンをクリックして終了しないと設定できません。「a.Wi-Fiテザリングによる接続」の方法でセットして下さい。




(7)はがきデザインキット


1

はがきデザインキットのアイコンをダブルクリックする。



2

「デザインキット起動」をクリックする。



3

はがきの向きを選ぶ。



4

編集画面が表示される。





(8)プリントマジック


1

プリントマジックのアイコンをダブルクリックする。



2

プリントマジックが開く。




(10)TVTest


1

デスクトップ上のTVTestアイコンをダブルクリックする。



2

番組を見るソフトのTVTestが表示され、ソフトの機能は次のようになります。ただし、データ放送は見れません。



3

右上の全画面表示のボタンをクリックするとディスプレイ上に全画面で表示される。



4

左下のバーには、チューナーから番組選択ができます。



5

同じチューナーから番組選択



6

表示倍率を変える事ができます。



7

見ている番組を録画する事ができます。



8

静止画を撮る事ができます。




(11)ptTimer


1

ptTimerのアイコンは、ディスプレイの右下のバーに表示されています。



2

右クリックするとメニューが表示され「EPG取得」をクリックするとアンテナを経由して放送波から番組表が更新されます。



3

EPG取得の取得を始めた状態です。



4

途中までEPG取得をした状態です。



5

アイコンをクリックするとEPG取得で更新した番組表が表示されます。



6

マウスのカーソルを持っていくと番組の内容が表示されます。



7

クリックすると番組を予約するか聞いてきます。「はい」をクリックすると予約録画ができます。この時、チューナーの数だけ同時予約できます。



8

予約したら番組表の左にこの時間は予約しているという赤いしるしが付きます。



9

録画予約されているとptTimerのアイコンは赤く表示されます。



10

録画予約が終わったら、デスクトップ上のショートカットをダブルクリックして保存先フォルダを開きます。



11

録画された番組が表示されます。この時、録画された番組(動画ファイル)は、コピーやバックアップが自由にできます。



12

番組(動画ファイル)をダブルクリックすると再生されます。




(13)Microsoft Security Essentials


1

画面右下の隠れているインジケーターからMicrosoft Security Essentialsのアイコンをダブルクリックする。



2

「今すぐスキャン」をクリックすると検索が始まる。














参考URL

GA-770TA-UD3 ユーザーズマニュアル

Alcohol 52% URL http://www.alcohol-soft.com/

ImgBurn URL http://www.digital-digest.com/software/download.php?sid=470&ssid=0&did=1

LibreOffice URL http://www.libreoffice.org/

Paint.NET URL http://www.getpaint.net/

Recuva URL http://www.piriform.com/recuva/builds

はがきデザインキット URL http://www.yubin-nenga.jp/design_kit/

プリントマジック URL http://www.print-magic.net/

JIPMソリューション 技術・技能伝承ハンドブック 森和夫 著

JIPMソリューション 3時間でつくる技能伝承マニュアル 森和夫 森雅夫 著




兵ちゃんホームページ

兵ちゃんタウン  URL http://heicyann.com/
























パソコンの取説END



 今回の内容はパソコンの取説でしたが・・・教えようと思うとエネルギーが必要でした。それと今回のパソコンの組み立ては、もっと人をみないといけないと反省しました。残念な人にいくら手をさしのべてもしょうが無いことがよくわかりました 。あと、ソフトも無料な物で一通りできる事がわかったのはいい収穫でした。このレポートも無料のLibreOffice 4.0で書いています。さすがに50ページになるとちょっと重いようです。色々ありましたがパソコンの取説を作る時の参考になれば幸いです。





参考URL

GA-770TA-UD3 ユーザーズマニュアル

Alcohol 52% URL http://www.alcohol-soft.com/

ImgBurn URL http://www.digital-digest.com/software/download.php?sid=470&ssid=0&did=1

LibreOffice URL http://www.libreoffice.org/

Paint.NET URL http://www.getpaint.net/

Recuva URL http://www.piriform.com/recuva/builds

はがきデザインキット URL http://www.yubin-nenga.jp/design_kit/

プリントマジック URL http://www.print-magic.net/

JIPMソリューション 技術・技能伝承ハンドブック 森和夫 著

JIPMソリューション 3時間でつくる技能伝承マニュアル 森和夫 森雅夫 著

色々

49