20140218

兵ちゃん


AMD FX-9590の入手について

兵ちゃんの研究室へ戻る

 パソコンにとってCPUは頭脳でありパソコンの性能を大きく左右する命でありますが今回、AMDのソケットAM3+用の最上位CPUFX-9590を入手したので紹介したいと思います。



1.CPUの流通について

 最上位CPUAMD FX-9590が発表されてから何か月も経ちますが、201312月までは組み込み用としてしか日本国内の流通は無く、単品で購入するには海外でしか流通していませんでした。しかし、2014122日現在では並行輸入品として流通して販売されるようになり・・・今回やっと入手することができました。



2.価格

 並行輸入品は、PC-IDEA!楽天市場店で見つけましたが価格は36,505(税別、送料別)で海外オークションのセカイモンでの相場は、円に換算して約35k円ぐらいになり、さらに安く入手するには、オークションで中古を探すのが安く買えるようです。参考までに中古で入手した金額は即決で約29k円+手数料+送料と言ったところになります。


36,505(税別、送料別)



落札価格約29k円+手数料+送料





3.現物

 現物は次のようになります。CPUクーラーは付属していないので別に購入する必要があります。


型番:FX-9590

周波数:4.7/5.0 GHz

合計L2キャッシュ:8MB

   L3キャッシュ:8MB

実装:ソケット AM3+

220W





4.性能

 MS Windows 7 のエクスペリエンスインデックスは、7.8を表示します。7.9が一番良い表示なのでもうちょっとと言ったところです。


プロセッサは、AMD FX-9590



プロセッサのサブスコア7.8を表示した。





5.マザーボード

 マザーボードは、ファームウェアとワット数が220Wなので対応していないと動かないようです。所有していたASRock 870iCafe R2では、CPUを取付てから起動しMS Windows 7 は動きましたが途中で固まってしまい、やはりサポート外は無理があるようです。結局対応を表示しているASRock 990FX Extreme9というCPUソケットAM3+のマザーボードに更新しました。



6.CPUクラー

 このCPUは放熱がワット数で表示され220Wもの発熱があります。そこで、低価格と多少の性能も犠牲にしてケースに接触させて放熱する事も考えてArcticCooling社の Socket1155/AM3対応CPUクーラー 放熱性能200Wの「ZAC-Freezer13」、2.8k円という物を使用しました。本当はもっと放熱性能が欲しかったのですが・・・大きくなりすぎてケースに入らない事やケースに接触させて熱を逃がす事で性能が少し劣る放熱性能200Wの物を購入して取り付けました。このCPUは、放熱ができていないと負荷がかかったら電源がoffになったり、再起動したらOSが立ち上がらない等の動作をします。不安定な同様の状態ならCPUクーラーを確認してみて下さい。



7.考察

 AM3+ユーザーは、CPUの互換性を保ちたくて次もAM3+でパソコンを組み立てたいと思うと思います。でも、今回のCPUは、マザーボードを交換した事は、互換性が良いとは言えないという見方もできます。しかし、それでも順番にマザーボードを交換し最後にCPUを交換すれば、互換性があるおかげで何とか更新(アップグレード)ができると思います。あと、今までCPUクーラーは、付属品を使っていたため余り気にしていませんでしたがAMD FX-9590というCPUは、発熱量が220Wと多く性能を見て準備する必要がありました。ハードルを上げている一因だと思います。





 今回の内容は、入手困難だったAMD FX-9590を入手した話でしたが、動かすには、マザーボードを交換するのとCPUクーラーを購入する必要がありました。ソケットAM3+ユーザーなら少しずつ部品を交換して行けばAMD FX-9590を動かす環境を作れると思います。AMD FX-9590を購入する時の参考になれば幸いです。






参考URL

AMD URL http://products.amd.com/en-us/DesktopCPUResult.aspx

Arctic Cooling URL http://www.arctic.ac/

ZAC-Freezer13 URL http://www.amazon.co.jp/gp/product/B004JQPYFM/ref=oh_details_o01_s00_i00?ie=UTF8&psc=1

色々

4