20140918

兵ちゃん


コミファ光11ac対応ホームゲートウェイの換装について

兵ちゃんの研究室へ戻る

 インターネットへの接続するのに何を使っていますか?自分の場合は、コミファ光を使っています。今年に入ってからコミファ光は他社に先駆け、IEEE 802.11acの規格の無線LANに対応したホームゲートウェイを提供し始めました。そこで、今回は、IEEE 802.11acの無線LANに対応したホームゲートウェイ(ルーター)の換装について紹介したいと思います。



1.FTTHとは

 FTTH (Fiber To The Home:ファイバー・トゥ・ザ・ホーム)とは、光ファイバーの回線を屋内に引き込む規格の事で通信速度は、100MB1GBの通信速度になっています。構成品としては、屋外からは、光ファイバー→回線終端装置→LANケーブル→ホームゲートウェイ→LANケーブルまたは無線LAN→パソコンの流れになります。今回、更新したのは、ホームゲートウェイ(ルーター、ブロードバンドルーター)を換装しました。



2.ホームゲートウェイの更新

 コミュファ光の次世代超高速無線LAN11ac」対応のホームゲートウェイは、2014411日以降にコミュファ光を契約した場合に標準提供となりました。すでに、コミュファ光を使っている人は、コミュファコンタクトセンターに電話をかけて、ホームゲートウェイの交換を申し出ると3,000円で交換できます。ただし、交換は、自分で行い返送用ボックスに入れて返送しないといけません。ちょっと面倒に思うかもしれませんが、交換自体は、ケーブル等を差し替えるだけなので10分もあれば簡単にできます。



3.無線LANの規格

 無線LANの規格は、次のようになります。ちなみにAtermWH832A(CT)というホームゲートウェイは、IEEE 802.11ac/b/g/n、に対応しデュアルバンドに対応しています。ここでいうデュアルバンドは無線LAN無線機を2台搭載しているという意味です。


プロトコル

制定

周波数

最大データ速度

実際の製品速度

レガシー 802.11

19976

2.4 GHz

2 Mbps


802.11a

199910

5 GHz

54 Mbps


802.11b

199910

2.4 GHz

11 Mbps


802.11g

20036

2.4 GHz

54 Mbps


802.11n

20099

2.4 GHz 及び

5 GHz

600 Mbps (理論値)

300 Mbps

802.11ac

20141

5 GHz

6.93Gbps (最高)

866.7 Mbps




4.IEEE 802.11ac

 通信速度は帯域幅やアンテナ数、変調方式によって異なり、各要素を段階的に高度化させることにより、867Mbps1.73Gbps3.47Gbps、最高で6.93Gbpsまで速度を引き上げることができるそうです。現在の製品化されている物は、867Mbps のみですが、今後、1.73Gbps3.47Gbps6.93Gbpsの通信速度の物が製品化されていくようです。ノートパソコン側にてIntel 7260HMW Wi-Fi 802.11 AC 無線LANカードのインテル(R) PROSet/Wireless WiFi 接続ユーティリティーでの表示では、IEEE 802.11acで接続しているという表示がされています。





インテル(R) PROSet/Wireless WiFi 接続ユーティリティーでの表示



3. ホームゲートウェイ

 ホームゲートウェイは、NECアクセステクニカ株式会社のAtermWH832A(CT)で型番は、PA-WH832Aになります。現物は次の通りになります。