20150118

兵ちゃん


Windows 10 Windows Technical Preview版のビルド9879について


兵ちゃんの研究室へ戻る

 前回は、次期OSWindows 10Windows Technical Preview版ビルド 9841でしたが20141112日に新しいビルド9879が公開されました。そこで簡単に新しいビルド9879を紹介したいと思います。



1.動作環境

 動作環境は、Windows 8.1が動く環境ならWindows 10も動作するそうで動作環境については詳しく書いてありませんでした。当方の環境としては、次のようになります。ビルド 9841でオンボードのLANカードが動かなかったので別にLANカードを取り付けた環境です。

 

部品

品 名

備 考

マザーボード

ASRock Z97 Pro4

オンボードのLAN動かず

CPU

Intel Core i7-4790


メモリ

16GB


ハードディスク

512GB SSD×1


ビデオカード

Intel HD Graphics 4600


ファームウェア

UEFI(次世代BIOS)


パソコン切換機

KVM 8 pro


液晶ディスプレイ

iiyama ProLite B2409HDS

 タッチパネルではない



2.ダウンロード

 「Windows Technical Preview - Microsoft Windows」のホームページにログオンしてDVD.isoファイルとプロダクトキー、7桁のセキュリティコード(メールで届く)を入手します。ただ、英語版、中国語版、ポルトガル語版とありますが残念ながら今回も日本語版はありませんでした。今後、開発が進むにつれ日本語版が公開されるとでると思われます。


http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview



3.ライティング

 Windows Technical Preview版ビルド 9841をインストール済みのパソコンにインストールする場合は.isoファイルのままでOKです。DVD-Rへのライティングは必要ありません。



4.インストール

 インストールは、Windows Technical Preview版ビルド 9841をインストールしたパソコンで話を進めます。ビルド9879のディスクイメージファイル(.isoWindowsTechnicalPreview-9879-x64-EN-US.iso 64Bit版)を右クリックしてメニューを開き「mount」をクリックします。DVD-ROMドライブとしてマウントしたらエクスプローラでディスクをクリックして「setup.exe」をダブルクリックします。そうするとインストールが始まります。ちなみにビルドの違いは、デスクトップの右下に次のように表示されます。あと、次のような案内がありました。「既にWindows Insider Programに登録されており、Windows 10 Technical Previewを評価中の皆様のPCには、PCが起動中またはスリープ状態であれば、夜間等に自動で新しいビルド9879がダウンロード及びインストールされます。また新しいビルド9879が自動でインストールされていないPCでもPC SettingsUpdate and recoveryメニュー内のPreview buildsより、Check Now buttonをクリックする事で、ビルド9879のインストールが可能となります。」と記述がありました。わざわざインストールしなくてもパソコンの電源を入れて放置しとけば自動でインストールできたそうです。(いつインストールされるか分からない・・・)








5.新しいビルドを受け取るタイミングと方法を設定するには

 自動で新しいビルドにするには次の設定をしなければならないそうです。


1. [Start] (スタート) ボタン Windows [Start] (スタート) ボタン をクリックし、「update settings」と入力して、[Windows Update settings] (Windows Update の設定) をクリックします。

2. [Preview builds] (プレビュー ビルド) をクリックし、最上部に表示されている一覧をクリックして、[Fast] () または [Slow] () を選択します。

3.[Change the time my PC installs preview builds] (PC にプレビュー ビルドをインストールする時刻の変更) をクリックして、ビルドがインストールされる時刻を選択します。



6.気が付いた事

 自動的に最新ビルドにするには、前項のように設定してやる必要があります。あと、Windows アップデートは、機能していない、毎回同じアップデートが表示される事に気が付きました。まあ、ビルドで管理しているのでビルドアップでしかアップデートしないようです。



7.考察

 ビルド9879にアップしてもWindows 8.1Windows 10との差があまり感じられない気がします。スタートメニューが復活していても操作的にWindows 7の方が使いやすいと思います。まあ、自分がタブレットを使っていないため余計にそう感じます。まだ、粗削り的な感じがします。




 今回の内容はWindows 10 Windows Technical Preview版ビルド9879についてでしたが、製品が登場するのを待ちかねている人には良い事だと思います。今回のビルドアップによって製品が出るまでに改良されていきます。Windows 8が失敗作だっただけに使いやすくなる事を期待したいと思います。Windows 10 Windows Technical Preview版を検討している方の参考になれば幸いです。



参考URL

Windows Technical Preview - Microsoft Windows http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview

色々

3