20150418

兵ちゃん


OAフロアの配線について

兵ちゃんの研究室へ戻る

 このほど職場が新しい建物に移った際にOAフロアでのLANの配線を行いましたので気がついた点を紹介したいと思います。


1.準備したい工具等

 OAフロアにてLANの配線を引くのに準備したい工具等は次のようになります。


工具等名称

使い方

理想のスペック等

スケール(メジャー)

先にOAフロアの床下で延ばしておき先端にLANケーブルを取り付け引っ張る。

ステンレス製幅広の物

・幅25mm以上

・長さ5.5m以上

・ストッパーが付いているもの

ジョイント式ロッド

同上

1m1.5mを数本

カッター

配線等を出すためにカーペットを切りこみを入れるのに使う。

大きいカッターが使いやすい

ドライバ

パネルを着脱するのに使う。

大き目のドライバ(+

ライト

OAフロアの床下を照らすのに使う。

明るく小型なものが使いやすい。

布粘着テープ

ケーブルの取り付け等に使う。マーキングにも使う。

布製のガムテープの事


2.今回のOAフロア

 今回のOAフロアの様子は支柱4本に鉄製のモルタル入りパネルが付く構造でパネルが2種類あり開口部が開いていないタイプとあらかじめ開口部が開いていて子部品で塞いであるタイプとありました。大きさは50×50cm、重さはおおよそ5kgぐらいになります。パネルの下は12cmぐらいでコンセントに使われるVVFケーブルがはしりクリアな空間を想像していたのとは違ったものでした。

それとパネルの上のカーペットのサイズも50×50cmなのですがパネルと中途半端にずれていて戸惑ってしまいました。



3.配線の考え方

 まずは部屋の寸法を図面からではなく実測で測って部屋全体の寸法を割り出します。何故実測かというと図面のサイズと実測とは違うものなので注意する必要があります。次にカーペットのサイズ50×50cmで格子状にして部屋の寸法をおおよそ割り出して机等パソコンの置く位置のレイアウトを作り配線やHUBをなるべく見えないようにします。レイアウトの仕方としては、机同士を合わせる面を決めて基準線を決めてしまうとレイアウトがし易くなります。次にLAN等の配線を考えるとやはり机の集まりを「島」として考えHUB1個づつ設置する考え方で設置していきます。島のHUBとパソコン間はOAフロアの上を配線していきます。OAフロアだから何でも下を配線がはしるとはかぎりません。でも、HUB-HUB間を接続する幹線はOAフロアの下を配線していくと簡単になります。あと、今回のレイアウト図を作るのに適当なソフトが職場に無く・・・MS PowerPointで縮尺してレイアウト図を作って使いました。



4.HUBの問題点

 最近の規格としては10G BASEも出ていますが実際に扱えるのは1000BASE−Tまでだと思います。注意しなければいけないのは旧規格である100BASE−Tや10BASE−Tの規格です。何故、注意しなければいけないかと言うとHUBHUBを接続するにはクロスケーブル又はクロスポートで接続していたためです。1000BASE−TのHUBになると自動判別して通信してくれます。クロスケーブルは不要になりストレートケーブルのみになります。それと上手く繋がらなければ疑って下さい。まあ理想としては1000BASE−TでLANを組むのが安心できると思います。それともこの際、古い規格のHUBを新しい1000BASE−TのHUBにしてしまうのも良いかもしれません。省電力になっているので経済的でエコであり故障する前に交換するのも良いかもしれません。



5.実際の配線

 実際の配線は机の塊を島に見立てて島毎にHUBを置いてHUB-HUB間の幹線はOAフロアの下をとおして配線できました。配線の仕方としては、コンセントをOAパネル上に取り出す関係もありパネルを外して配線をしていきました。パネルを外して机の島毎に基準線をマーキングしてマーキングした基準線から配線が上へ取り出せればOKとしてケーブルを配線して多少の誤差もありとして行いました。そうしないと収拾が付きませんでした。



6.考察

 考えるのと実際とが少し違ったところもありましたが何とか上手く配線ができたと思います。気になるのは机の位置を変えたくなった時には触りたくないといった気持ちになる事です。特にパネルの下の配線の量が多いと余計に触りたく無いと思います。机、パソコンのレイアウトは配線をする前に熟考してからにした方が良いと思います。




 今回の内容はOAフロアの配線でしたが先にレイアウト図を作り何も置いていない部屋で配線を行い次に机を置いてパソコンへLANの配線を行いました。職場が新しい建物に移るという事はあまり無いと思うので貴重な経験をしたと思います。これからOAフロアの配線を行う人が参考になれば幸いです。



参考URL

OAフロアの配線の仕方がわからん!OAフロアでの配線 配線・配線整理のTSA URL http://haisen.e-tsa.info/OA%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%81%AE%E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%96%B9%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%93%EF%BC%81OA%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%81%A7%E3%81%AE%E9%85%8D%E7%B7%9A

色々

3