2015518

兵ちゃん

兵ちゃんの研究室 2015.05.18

兵ちゃんの研究室へ戻る

 毎年恒例の兵ちゃんの研究室を構成しているハードウェアを紹介したいと思います。去年と比較すると一部、先端物のハードウェアを拡張しているので参考になるのでは・・・と思います。



1.ハードウェア

 ハードウェアは、去年と比べるとあまり変わっていません。兵ちゃんの研究室のパソコンの配置から役割等を決めて実験し易いように準備しています。


(1)パソコンの配置

 パソコンをラック状にして使っています。去年と比較するとパソコンで作った自作NASが減りました。


兵ちゃんの研究室 2015.05.18



















(2)デスクトップパソコンの役割

 各デスクトップパソコンの役割は番号を振って識別しています。


11

MS Windows 7 Professional(UEFI)

12

MS Windows 8 Professional(UEFI)

13

Linux実験用

14

Linux実験用

15

Linux実験用

16

Linux実験用

17

Linux実験用

18

MS Windows 7 Professional(UEFI) メインのパソコン

21

MS Windows 7 Professional(UEFI)動画編集用

22

MS Windows 7 Professional(UEFI)

23

MS Windows 10 Windows Technical Preview(UEFI)実験用

24

Linux実験用

25

Linux実験用

26

Linux実験用

27

Linux実験用

28

MS Windows 7 Professional(32BIT)実験用

note 1

MS Windows 7 Professional(UEFI)インターネット、レポート作成用

note 2

MS Windows 7 Professional(UEFI)実験用

31

MS Windows 7 Professional(UEFI)

32

MS Windows 7 Professional(UEFI)

EP-802A

エプソン製インクジェットプリンター(LAN接続、Linuxでも使える)

NAS

パソコンで作ったNAS OpenMediaVault

SP C250L

RICOH製カラーレーザープリンター(LAN接続)


(3)デスクトップパソコン

 ソフトウェアの互換性を考えるとintelCPUに勝るものは無くintel CPUが増えました。


マザーボード

ASRock 870iCafe R2.0×12台、ASRock 990FX Extreme9×5台、ASRock Z87 Extreme6×1台、ASRock Z97 Pro4×1台、ASUS Z97-PRO GAMER×1台、GIGABYTE GA-Z97X-Gaming 5×1

CPU

AMD Phenom II X4 970×1980×3FX-8150×1FX-4170×5FX-9590×4

intel Core i7 4790K×2Core i7 4790×2

メモリ

8GB×1116GB×8

ハードディスク

2TB×33TB×164TB×8SSD 256GB×7

ビデオカード

AMD Radeon HD 4350×6 5450×9

ファームウェア

UEFI(次世代BIOS)

パソコン切換機

KVM 8 pro ×2 (パソコン8×2 パソコンがつながっています)

液晶ディスプレイ

iiyama ProLite B2409HDS×3、地デジテレビ×1


(4)ノートパソコン

 ノートパソコンはCPUとメモリ、ハードディスク、DVDドライブを交換して拡張して使っていますが、使い道は、インターネットやレポートを書くのに使っています。OSは、安定しているMS Windows 7 Professional 64bit版を使っています。


型番

DELL Latitude E5530×2

CPU

Core i7-3820QM 2.7GHzCore i7-3840QM 2.8GHz

メモリ

8GB

ハードディスク

SSD 128GB

OS

MS Windows 7 Professional


(5)プリンター

 プリンターは、インクジェットとカラーレーザーと両方使っていますが、昨年、維持費を考えて実売価格が大幅に下がったカラーレーザープリンタに更新しました。。普段のプリントアウトは、カラーレーザープリンターを使ってCD-Rのラベルプリントでインクジェットプリンターを使っています。


(6)NAS

 NAS(Network Attached Storag:ネットワーク・アタッチド・ストレージ)は、LAN直接接続して使用します。 パソコンNAS用のOSをインストールしたもので、インストールが終わったらディスプレイやキーボードを外して使います。設定をするにはLAN経由で他のパソコンからブラウザで行います。NASは、ファイルを保存する物から信頼性を高めたRAID(レイド)を搭載した物もありますが、使い方は、使う時に電源ボタンを押すと起動して、切る時も電源ボタンを押すことにより自動でシャットダウンしてくれます。ファイルサーバーを使うよりNASの方が簡単に使えるようになっています。また、パソコンで作ると好きなように作る事ができます。それとNASの推進派だったのですがNASの作成で失敗しデータを復旧するのに多大な出費があったため単純にファイルコピーしてバックアップするように路線変更をしました。



2.MS Windowsの実験

 メインのOSとしてMS Windows 7 Professional 64Bit UEFI版を使っていますが、MS Windows 8 は使い勝手が悪くて移行できていません。あと、MS Windows 7 Professional 32Bit版もプログラムの互換性が要求されたもので使用しています。過去のプログラムとの互換性を考えると32Bit版のOSも切り離せない状態です。次に新しいOSとしてはMS Windows 10 Windows Technical Previewはデスクトップモードで触っています。



3.Linux(リナックス)の実験

 Linuxは、系統ごと選んでいますが・・・最近、少し熱が冷めてしまった感があります。でも、NASLinuxBSDを触っているとMS Windowsとは違った世界があります。まあ、コンピュータを触っているので避けられない物だと考えています。




 これで兵ちゃんの研究室で使われているハードウェアやオーエスについて解っていただけたでしょうか?なんとなく現状が見えたと思います。何か研究する時の参考になれば幸いです。



参考URL

色々

3