20170418

兵ちゃん


TOSHIBA dynabook Satellite B551 D BIOSのアップデートについて

兵ちゃんの研究室へ戻る

 職場で使っているTOSHIBA dynabook Satellite B551 Dを欲しくなり中古で見つけて購入しました。このノートパソコンは、部品を交換して楽しむ他、仕事でパソコンを設定の予行をするために職場と同じパソコンを購入しました。そこで部品を交換する前に新しいハードウェアに対応するようにBIOSのアップデートを行います。そこで今回は、TOSHIBA dynabook Satellite B551 DBIOSのアップデートについて紹介したいと思います。



1.BIOSの入手

 BIOSの入手は、次のアドレスで入手できます。ただし最新のBIOSと言っても古い。「東芝(TOSHIBA)パソコン ドライバーダウンロード&アップデートサポート」のホームページになります。2012.11.13のバージョンファイル名は、bios180ec120n.exeになります。


http://download-drv.com/toshiba/SatelliteB/SatelliteB55101.htm



2.アップデート前の準備

 OSWindows 7でバッテリー駆動ではなくACアダプタを接続してパソコンを動かすようにしてください。



3.アップデート

 TOSHIBA dynabook Satellite B551 D本体にBIOSをダウンロードしたらBIOSのアップデートファイルをダブルクリックして実行します。そうすると次の画面が現れます。注意事項等を表示されるので良く読んで指示に従って下さい。そして[更新を実行]をクリックするとBIOSのアップデートが始まります。






4.考察

 ATX規格のマザーボードのBIOSのアップデートより親切なプログラムだと思います。でもノートパソコンの性格上、新しいハードウェアへの対応よりもバグの修正的なアップデートプログラムだと思った方が良いかもしれません。ただ今回のBIOSのアップデートは、CPUの交換を考えているのでできれば対応してほしい・・・・といったチョット博打的な期待を持っています。後はCPUを乗せ換えればハッキリすると思います。





 今回の内容はCPUを乗せ換える前のBIOSのアップデートでしたが、TOSHIBAのノートパソコンのBIOSのアップデート方法がわかってもられたと思います。TOSHIBA dynabook Satellite B551 DBIOSのアップデートについて参考になれば幸いです。


参考URL

dynabook Satellite B551-D ハードウェア仕様 https://toshibadirect.jp/pc1/catalog/2011/b551d/spec.html?gclid=Cj0KEQiA8orFBRCEpODivaOft_EBEiQAy3mlfUkWKHFQSXSNnFwB-WekctylMh2TAVacMYrkVZit6Z8aAry78P8HAQ

色々

2