20170718

兵ちゃん


DELL Latitude E6540の購入について

兵ちゃんの研究室へ戻る

 中古で購入したDELL Latitude E5530を使っていましたが部品交換してのアップグレードもしつくしちゃった感がありました。そこで色々とアップグレードができて中古で安くて・・・と探していたらDELL Latitude E6540というノートパソコンを見つけました。そこで今回は、DELL Latitude E6540の購入について紹介したいと思います。



  1. CPUの交換

 搭載されているCPUi5-4300MでソケットはrPGA946BSocket G3 とも言われCPUの交換が可能である事が解りました。実質的にこのノートパソコン以降はCPUの接続にはBGAと言われるCPUを半田で固定する方式になりCPUは交換不可になります。いわばCPU交換可能なノートパソコンとしては最後の規格と言う事になります。



2.RAMの交換

 RAM4GB×2=8GB搭載されていましたが16GB搭載できる事がわかり同じRAMを使う事によってディアルチャンネルで高速で動いてくれるので怪しいRAMから交換しようと考えています。



3.液晶パネルの交換

 DELL Latitude E6540というノートパソコンが販売されていた時に標準で1366×768のパネルでオプションで1920×1080の液晶パネルを搭載されていた物があったそうで液晶パネルも交換して高解像度で使いたいと考えています。



4.HDDの交換

 HDDの交換については、安直にSSDに交換する事を考えています。SSDHDDと違い衝撃にも強く持ち運びが多いノートパソコンには向いていると思います。



5.光学ドライブの交換

 DELL Latitude E6540というノートパソコンの光学ドライブは、エジェクタが付いていてドライバ不要で簡単に取外す事ができます。取外し可能なため後述の2ND HDDを付けれる様になっています。



6.2ND HDDについて

 光学ドライブをエジェクタで外しそこのスペースに2ND HDDを取付ける事ができます。エジェクタ付きの2ND HDDについても紹介したいと思います。



7.マニュアル

 DELL Latitude E6540には、インターネットのDELLのホームページにマニュアルが公開されています。DELL Latitude E6540には英語版しか公開されていませんでしたが、マニュアルは解りやすく図で示されていて色々と役に立ちます。部品交換するには重宝します。



8.考察

 以上について色々と部品交換して紹介のレポートを公開したいと思います。しかし最近のノートパソコンにはユーザーが触れる部分が無くなってきているので交換技術、発展させる文化が衰退してしまいそうです。性能比較は、Windows 7 のエクスペリアインデックスで行い実際にノートパソコンを使うにはWindows 10 をインストールして使いたいと思います。




 今回は、DELL Latitude E6540の購入についてでしたがノートパソコンを購入する時の参考になれば幸いです。



参考URL

ビジネス向けノートPC Latitude E6540 Dell 日本 http://www.dell.com/jp/business/p/latitude-e6540-laptop/pd

Latitude E6540のサポート Dell 日本 http://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpdhs1/product-support/product/latitude-e6540-laptop/manuals

ヤフオク! https://auctions.yahoo.co.jp/

latitude-e6540-laptop_owner's manual_en-us.pdf

色々

2