20170818

兵ちゃん


ノートパソコンの液晶パネルの選び方について

兵ちゃんの研究室へ戻る

 ノートパソコンを使っていて最大限の性能で使ってみたいと考えて液晶パネルを交換してフルHDの表示をさせたいと思いました。そこで今回は、15.6インチの液晶パネルで解像度FHD(フルHD)の液晶パネルに交換した実績を基にノートパソコンの液晶パネルの選び方について紹介したいと思います。



1.液晶パネルは規格品

 現在出回っているノートパソコンで使われている液晶パネルは複数の規格で作られている規格品で規格に基づいて作られ互換品が出回っています。そこで規格のポイントを押さえて上位互換がある液晶パネルを探し出します。



2.ノートパソコンの現状

 ノートパソコンと言えばメーカー製のパソコンでノートパソコンメーカーのセールスの仕方でローエンドパソコンの液晶パネルはHD解像度でハイエンドパソコンになると高解像度になりFHDの液晶パネルを採用したノートパソコンを販売している事があります。その場合は、上位互換の液晶パネルを探し出すのが簡単にできます。



3.液晶パネルの規格

 液晶パネルの規格には次のような物があります。LVDSLow voltage differential signaling:小振幅差動信号)コネクタのピン数、液晶パネル固定用の金具が付いているか付いていないかで大雑把ですが分ける事ができます。



規格

説明

1

LVDSコネクタ

ピンの数が40ピンと30ピンの物があります。40ピンの例としてはDELL30ピンはNECが採用しています。

2

金具の有無

金具が付いていなくて別に金具を取付けて固定するタイプはDELL Latitude E5530、 NEC VersaPro VK25Lで採用されています。また、金具が四隅に付いていてネジで固定するタイプは、DELL Latitude E6540で採用されていて一般的なようです。

3

コネクタの位置

液晶パネルの裏側にあるタイプと液晶パネルの下側に有る物とが有ります。



4.液晶パネルの例

 ノートパソコンで15.6インチの液晶パネルの実際の例としては次のような物があります。


1