20180618

兵ちゃん


SFP+の導入について

兵ちゃんの研究室へ戻る

 サーバー等で使われるネットワークのハードウェアの規格で「SFP+」と言う物があります。そこで今回は、自宅LANで「SFP+」を使いましたので紹介したいと思います。



  1. SFP+」とは?

 「SFP+」を紹介する前に「SFP」と言う規格がありました。「SFP」とは、Small Form-Factor Pluggableの略でギガビットイーサネット(Gigabit Ethernet)で使われている光ファイバーを通信機器に接続する光トランシーバの規格の一つでモジュールになっています。通信速度を10ギガビットイーサネット(10Gigabit Ethernet)まで機能を拡張した規格の物を「SFP+Small Form-Factor Pluggable Plus)」と言っています。モジュールのサイズは、長さ57mm×14mm×高さ10mmと「SFP+」の規格で決まっています。



2.接続方法の概略

 「SFP+」同士を接続するには次のようになります。使用用途がLANWAN等に捕らわれ無い為にここでは「ネットワークインターフェイスカード(NIC)」と言わせて貰います。また、「SFP+」同士を接続するには、「SFP+」モジュールを同一メーカー、同一型番にする必要があるそうです。ケーブルについては、主に光ファイバーで一部に銅線配線を使う事もあります。




3. SFP+モジュール

 SFP+モジュールの実物は、NETGEAR社の製品では次のようになります。


NETGEAR社ホームページからの写し



4. ネットワークインターフェイスカード

 ネットワークインターフェイスカードの実物は、Intel X520-DA1を入手しました。実物は次の写真のようになります。


Intel X520-DA1