20211118

兵ちゃん



帰ってからのモバイルコンピュータの使い方について

兵ちゃんの研究室へ戻る

 前回、「20210518日 外出時のパソコンの使い方、モバイルコンピューティングについて」にてモバイルコンピューティングのやり方について話しましたが今回は職場や家にパソコンを持って帰ってからの使い方について紹介したいと思います。



1.準備するハードウェア

 準備するハードウェア等は次のような物を用意します。モバイルコンピューティングに使っているパソコンにUSBポートが付いていれば良いのですが付いていない場合はThunderbolt HUB等を使いさらに組み合わせて浮かう必要があると思います。色々と考えてデスクトップパソコン並みの環境にしていきます。


ディスプレイ

284K液晶モニター JAPANNEXT JN-T2888UHDR

キーボード

エレコム TK-FCP097BK

マウス等

ロジクール TM-150n トラックマン マーブル等

LANカード等

10GBASE-T LANアダプターOWC Thunderbolt 3 10G Ethernet Adapter

USBハブ等

エレコム USBハブ U3H-FC02BBK等、OWC Thunderbolt HUB

光学ドライブ

Pioneer BDR-XD08MB-S

外付けスピーカー等

ZETIY USB PCスピーカー等



2.接続の例

 接続の例は次のようになります。繋げていけばデスクトップパソコンと同じぐらいに使いかってが良くなります。しかも持ち出す時には外せばすぐにモバイルコンピューティングで使えます。


DELL NOTE Inspiron 13 7000 (7300)の場合はHDMIUSBThunderbolt 4が付いています。ThunderboltだけならThunderbolt HUB等を使います。

USB HUBです。

ディスプレイやキーボード等を繋げるとこんな感じになります。モロ、デスクトップパソコンのようです。



3.ディスプレイの設定

 ディスプレイの設定は次のように操作して見やすく広く使いやすくします。まるでデスクトップパソコンを使っているかのようにします。また、パソコンを持ち出してモバイルコンピューティングをする時は同じ方法で元に戻して使います。


Windowsのデスクトップの何もないところで右クリックして「ディスプレイ設定」をクリックします。

「拡大/縮小」で表示される文字やアイコンのサイズを変更します。「ディスプレイの解像度」でモバイルコンピューティングとして使うノートパソコンの画面サイズより別のディスプレイに合った解像度へ変更します。今回は4kディスプレイのサイズに変更してノートパソコンに付属しているディスプレイより広く大きく作業をしやすい操作がしやすい画面にして使います。ここで設定する事でデスクトップパソコン並みの環境にします。



3.ソフトウェアの話

 パソコンにはソフトウェアをインストールしないと使えません。外ではモバイルコンピューティングで使い帰ればデスクトップパソコン並みの環境にして使います。そうすれば2台パソコンを用意する必要なく1台で済ませる事ができます。ソフトウェアを揃えるのも1台分で済ませる事ができます。



4.考察

 モバイルコンピューティングで使うノートパソコンでは液晶ディスプレイが小さい事もあり持ち歩く時は良いのですが帰ってからパソコンとして使おうとすると今回のようにデスクトップパソコン並みに周辺機器を接続して使いやすくして使う方法が適していると思います。




 今回の内容は、帰ってからのモバイルコンピュータの使い方についてでしたがパソコンを使う時の参考になれば幸いです。


参考URL

20210518日 外出時のパソコンの使い方、モバイルコンピューティングについて

色々